「あたりまえ」をアップデートしつづける

お問い合わせ

BtoB【用語解説】

  • 投稿日 :
  • 最終更新日 :
BtoBとは、「Business to Business」の略で、企業が他の企業を対象として商品やサービスを提供するビジネスのこと。

もっと詳しく解説

BtoBとは、「Business to Business」の略で、企業が他の企業を対象として商品やサービスを提供するビジネスのことです。B2Bと表記されることもあります。

企業間取引のため、意思決定に複数の人が関係することが主で、購入プロセスは長く受注まで時間がかかる傾向があります。

ただ、比較的取引単価が大きく、継続的な取引になることも多いので、一度信頼を獲得すれば安定した収益が見込めるのも特徴です。

例えば、化学素材や自動車部品などの素材・部品産業、企業サイトの構築・運用、SaaSプロダクトの月額制契約、法人向けコンサルティングなどさまざまな企業がBtoBの取引によって成り立っています。

個人向けであるBtoC(Business to Customer)では、満足度・顧客体験など購入者の感情的な側面が優先されて購入・契約が決定される傾向があるのに対して、BtoBにおいて重視されるポイントは機能性や費用、実績といった、企業利益に関わる「合理性」の側面が優先される傾向があります。

こちらの記事も合わせて読む

  • ダウンロード数【用語解説】

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • KGI・KPI
    • マーケティング
    • 用語

    もっと見る

  • ニューノーマル【用語解説】

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • リニューアル
    • 働き方改革
    • 用語

    もっと見る

  • クリック率【用語解説】

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • KGI・KPI
    • マーケター
    • 用語

    もっと見る

この記事をシェアする

FACEBOOK
Facebookシェア
Twitter
Twitterシェア
はてなブックマーク
はてなブックマークに追加