「あたりまえ」をアップデートしつづける

お問い合わせ

SSLとは?

  • 投稿日 :
  • 最終更新日 :
SSLとは、インターネット上で安全にデータを送受信するための仕組み(プロトコル)のこと。

もっと詳しく解説

SSLとはSecure Sockets Layerの略で、インターネット上で安全にデータを送受信するための暗号化する仕組みのことです。
サイト全体を「https://」から始まるURLにすることを、「常時SSL化」と呼ぶため、SSL=HTTPSだと思われることがありますがSSLはHTTPにおいてのみ使われるプロトコルではありません。例えば、サーバにファイルをアップするときのFTPとSSLを組み合わせて使うFTPS(FTP over SSL)や、メール送信のSMTPとSSLを組み合わせて使うSMTPS(SMTP over SSL)など、HTTPS以外にもSSLが使われている場面はたくさんあります。

「サイトをHTTPS化する」とは、Webサイト全体を「https://」から始まるURLにすることです。
2014年頃からGoogleがさかんに提唱している「HTTPS everywhere」のもと、Webサイトの基準は、従来の「HTTPは普通、HTTPSにすれば安全」から「HTTPは危険、HTTPSが普通」へという流れになってきています。

関連する記事

  • トラッキングコードとは?

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • Google アナリティクス
    • アクセス解析
    • 用語

    詳しく見る

  • UCD(ユーザーセンタードデザイン)とは?

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • UX
    • デザイン
    • 用語

    詳しく見る

  • UGC(ユーザー生成コンテンツ)とは?

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • SNS
    • マーケティング
    • 用語

    詳しく見る

この記事をシェアする

FACEBOOK
Facebookシェア
Twitter
Twitterシェア
はてなブックマーク
はてなブックマークに追加