「あたりまえ」をアップデートしつづける

お問い合わせ

ウィンザー効果とは?

  • 投稿日 :
  • 最終更新日 :
ウィンザー効果とは、第三者から聞かされる評価や意見などによって、信頼性が高まるという心理的な効果のこと。

もっと詳しく解説

ウィンザー効果とは、相手から直接聞かされる情報よりも、第三者を通して得られる情報の方が信頼性が高いという心理的な効果のことです。

情報の発信者と情報元との間に利害関係がある場合は、その発信者の情報は信頼性が低くなりますが、利害関係のない第三者が発信する情報こそ、バイアスがかかっていない信頼できる情報だと考えられる心理的な傾向があります。

実際にビジネスシーンにおいてウィンザー効果が応用されている例として、

  • お客様の声や購入者レビューなどのUGC(ユーザー生成コンテンツ)
  • インフルエンサーを活用したマーケティング
  • アンケートやインタビュー、モニターを使った調査

などが挙げられます。

こちらの記事も合わせて読む

  • ワイヤーフレームとは?

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • ワイヤーフレーム
    • 情報設計
    • 用語

    もっと見る

  • 離脱率とは?

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • Google アナリティクス
    • アクセス解析
    • 用語

    もっと見る

  • WordPressとは?

    • 投稿日 :
    • 最終更新日 :
    • CMS
    • WordPress
    • 用語

    もっと見る

この記事をシェアする

FACEBOOK
Facebookシェア
Twitter
Twitterシェア
はてなブックマーク
はてなブックマークに追加